読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~ 菜 乃 庵 ~

ユルイ生活blog.目指せオトナのsimple life.

幸せのオーラ

f:id:nano_an:20150327193104j:plain



現在、私は肩を治療中で、週に二回通院している。

そこには受付の女性が二人いて、彼女たちは治療に来ている人たちに常ににこやかに話しかける。そのため、治療が終わってからもおしゃべりをしている人もいて、何となくサロンのような雰囲気がある。

私は自分から彼女たちに話しかけることはしない。話しかけられれば答えはするけど、長話にならないように気をつけていて、わりとそそくさと院を後にすることが多い。

正直、話しかけられるのが面倒くさいなぁと思うこともあるほどだった。





会社勤めをしていたときの私は、普通に黙っているだけで、同僚から時々「怒ってるの?」と言われることもあるほど無愛想で、きつい印象を与えているようだった。

細身だし、頬もこけているし、歳をとってギスギスした印象になるのはいやだなぁと思っていた。


それなのに。


その院に通いだして1週間もしない頃から、「なのなさんは癒し系ですねー」と言われるようになった。特に何も話した覚えはなかったので、ものすごい違和感を覚えた。

こともあろうか、隣に座っていた患者さん(私は初対面で全く知らない人)にまで、「なのなさん、癒し系なんですよ。傍にいるだけで幸せな気分になるんです」とまで言う。


そのうち「ご主人とはラブラブなんでしょ?うらやましいなぁ」とまで言い出す。


は???


誰かと勘違いしていないかい?



私が家人のことを彼女に話したのは多分一度だけ。「クリスマスにケーキは食べましたか?」と聞かれ、「どこで買われたんですか?」とも聞かれたので、家人が会社帰りに買ってきたと答えた。

ケーキの種類は何だったかと聞かれたので(もうこのやり取りが面倒(笑))、イチゴタルトだったと答えたら、彼女は目をキラキラ輝かせて、素敵!!!と叫んだのだった。


え?


イチゴショートじゃないところがいいですね。もうそれだけでセンスがわかりますね。美味しくないわけがないじゃないですか~。女子的には大当たりですよね。いいなぁ、イチゴタルト!!!


私は心の中で、そういうものなのか...とつぶやき、顔ではにっこり微笑んだ。

本当に家人のことを話したのはそれだけで、ほかに思いつくことがないんだけど、以来彼女は私の顔を見るたび、幸せそうだなぁに加えて、ラブラブですよねぇ、と言うようになった。


毎回、毎回、本当に院に行って顔を合わせるたびに言われるので、若干ゲンナリしていた。幸せそうですね、はまだいいとして、ラブラブですねーと言われるのはからかわれているようで、どこか居心地が悪かった。

もちろん彼女に悪気なんかないことはわかっている。

それでもあまりにも毎回なので、苦笑いしているのも疲れてきて、思い切って聞いてみた。


私、家人のこと惚気たりしたことないよね?と。


そしたら彼女は、気を悪くされたならごめんなさい。私が勝手にそう思っているだけなんですけど。と前置きをしてなぜそう思うのかを説明してくれた。


なのなさん、見ただけで幸せそうなのがわかるんですよ。この人はご主人に愛されて、何の心配事もなくて、本当に幸せなんだろうなぁって。

私、なのなさんの横でずっと顔見ていたいくらいなんです(これは毎回言われてる・笑)。癒し系なんですよ。ご主人もきっとなのなさんと一緒にいて癒されてるんだろうなぁって思います。

正直、私がなのなさんとつきあいたいくらい、本当に癒されるんです。それくらい幸せオーラが出てるんです。


もうびっくりしたなんてもんじゃないよっ!!!


もちろんお世辞も入っているだろうし、人を心地よくさせるための営業トークも含まれていることもわかっているけれども。

自分が人からそんなふうに見られるだなんて、想像したこともなかったよ。



ただ、彼女にそういわれて、ちょっと思いあたることがあった。


惚気覚悟で書くけれど、私は結婚してからほとんど毎日のように、家人に「今日も幸せだった。ありがとう。」とか「私がいま幸せなのはS君のおかげ。ありがとう」というようなことを言っている。

美味しいものを食べて幸せ。あったかいベッドに入って幸せ。ベランダの陽射しがやさしくて幸せ。

一つ一つは本当にささやかで小さいことなんだけど、そういうことがつくづくじんわりと本当に幸せだなぁって思うようになったし、それは多分歳をとったからだろうなぁとも思ってた。


特に「幸せ」という言葉を意識して発していたわけではないけれど、日がな一日家にいて声を出さない時間が長いから、一人でもちょっと嬉しいことがあったら「あー幸せ~」とか「ほんっと幸せ♪」と声に出して言ってる気がする。


もしかしたら、そういう言霊が積もり積もって今の私に出ているのかな、、、と。


相変わらず体型は細いし頬もこけ気味だけど、随分な時間がたった今の私は、懸念していたギスギスした印象ではなく、人からは穏やかで幸せそうに見られていることがちょっと嬉しい。


「幸せになる」とか「幸せになりたい」ではなく「幸せ」って言い切ってるとこが良かったのか、知らない間に引き寄せの法則のひとつを実行していたのかなぁ。

もちろん証明のしようなんてないし、こじつけかもしれないけれども、自然にそうやっていたことに気がついて単純に嬉しかった。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザー・テレサの言葉より