読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~ 菜 乃 庵 ~

ユルイ生活blog.目指せオトナのsimple life.

取り急ぎ...

随分ごぶさたしています。

整形外科に行きました。肩関節周囲炎といわれました。

リハビリ科には誘導されなかったので、その後はカイロプラクティックに二軒行きました。一軒め、二軒めともいろいろあって、書きたいことは山盛りですが、ひとまず現在は鍼灸整骨院で治療中です。


重症です(涙)


肩が前傾のまま拘縮してしまいました。そのため、仰向けで寝ると肩が床につきません。固まった筋肉が血管を圧迫するため、腕の血流がとたんに悪くなり、腕が痺れて冷たくなってしまいます。

これが夜間痛の原因です。

身体が危機を感じるのか、2時間おきに目が覚めて、ベッドに起き上がって30分ほどマッサージをしてまた寝る、ということを一晩に3回くらい繰り返します。これが数ヶ月続いているので、思った以上につらくてしんどいです。

それでも最近は、ようやく左は軟化してきて楽になりました。右はかなり頑固です。


固まった筋肉を少しずつほどいています。肩甲骨の周囲ってものすごくいろいろな筋肉が関係していて、これが一筋縄ではいきません。

筋肉は3日たつと元に戻るそうです。なので毎日通院していますが、リハビリ中にパソコン等で数時間でも前傾姿勢(肩が前に落ちる)になると、せっかく正してもらった筋肉が簡単に戻ってしまうらしいです。そのため、現在諸悪の根源であるパソコン操作を禁止されています。

とはいうものの、全くしないわけじゃないから始末が悪いんですが...。暇を見ては、出来る限り肩甲骨を動かすようにしています。可動域は半分くらいなんだけど。


鋭い痛みはなくなりましたが、鈍い痛さと重いだるさは相変わらずです。あぁ、ここまでの入力でもう限界がきたようです(泣)。腕がおもだるく、ひじと手首が痛くなってきました。


年内完治を目指しています。完治しなくても、日常生活に支障のない程度には戻りたいと思っています。いまは腕の可動域が狭いので、服の着脱さえも困難です。

治ったら、この症状について詳細に記録したい。


近況報告と自分の記録を兼ねて、日常生活の何かしらをツイッターで時々つぶやいています。ぼやいてもいるけど(笑)。